アフィリエイトでアクセス数が多いのに広告がクリックされない6つの理由と解決方法

アクセス数が多いのに広告がクリックされない理由と解決方法 アフィリエイト基本情報

アフィリエイトに取り組む中ではSEO対策を徹底させることでアクセス数アップは可能ですが、アクセス数だけ増えても広告が利用されなければ意味がありません。
実際にそこそこのアクセス数を獲得してながら広告がクリックされず、紹介した商品がなかなか売れない悩みを抱えるサイトは少なくないものです。この記事ではアクセス数獲得の第一関門を突破したアフィリエイトサイトが直面しがちな悩みに着目し、広告がクリックされない6つの理由ごとに対処方法を解説していきます。

広告とページがマッチしていないケース


SEO対策の成果が出てアクセス数アップに成功しながら広告がなかなかクリックされない場合、最初に疑うべき点はページ内容と広告とのミスマッチです。検索エンジン経由でアフィリエイトサイトに流入したユーザーは何らかの悩みを抱えていたり、欲しい商品や利用したいサービスがあります。
そうした需要を反映したキーワードを記事コンテンツにうまく配置していても、肝心の広告がページの内容とマッチしていなければ広告がクリックされません。訪問ユーザーは自分の関心と無関係の広告をスルーし、知りたい情報だけを得た後にページを離脱してしまいます。

狙うキーワードと一致するような広告を選び直す作業が必要

このようなページ内容と広告のミスマッチを改善するには、狙うキーワードと一致するような広告を選び直す作業が必要です。記事の内容から判断してどのような欲求を持つ人が訪問しているのかという点を検証し、その欲求に合わせた広告と入れ替えればクリック率の改善につながります。

ターゲットとページがズレているケース

ターゲットとページがズレている
記事コンテンツの内容と広告の組み合わせが間違っていなくても、広告が想定するターゲットとページ内容がズレていればクリックされにくくなります。この場合のターゲットというのは、見込み客の属性という意味です。
アフィリエイトサイトを作る際には訪問ユーザーの年齢や性別・趣味嗜好・価値観など、商品の購入やサービスの利用を大きく左右する属性を絞り込んだ上で広告を選定します。20代女性の興味を引きそうな話題を取り上げて記事を書いても、掲載する広告が40代男性向けではクリックされないのも当然です。

アクセス解析と質問サイトから読者の悩みを洗い出し解決させる

こうしたターゲットとページ内容のミスマッチを改善する方法としては、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使って訪問ユーザーの属性を分析するやり方があげられます。「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」といった質問サイトから読者の悩みを洗い出すのも、ターゲットとページを一致させる1つの解決方法です。

最適な場所に広告が設置されていないケース

最適な位置に広告が設置されていないケース
広告のターゲットとページ内容がマッチしていても、広告が適切な場所に設置されていなければクリックされにくくなってしまいます。アフィリエイトで成果を出すには人間心理をうまく利用し、ページ内でクリックされやすい絶妙な位置に広告を掲載するテクニックも求められてくるのです。
検索エンジン経由でサイトに流入したユーザーは、何らかの悩みを解決できる情報を求めてアクセスしてきています。悩み解決につながる情報が書かれた場所の近くに関連する広告が設置されていれば、訪問ユーザーは高い確率でクリックしてくれます。

ヒートマップを使い熟読エリアに広告を設置する

ヒートマップ
ページ内のどのエリアが訪問ユーザーに読まれているかという点を知るには、ヒートマップと呼ばれる解析ツールを利用するのが便利です。よく読まれている場所を可視化してくれその場所を割り出した上で広告をその位置に変えてみれば、クリック率が改善される可能性が高いです。

アフィリエイトブログに利用したいおすすめのWordPressプラグイン7選
Rinker(リンカー) アマゾン・楽天・ヤフーショッピングの商品を簡単に設置できる非常に使いやすく簡単なプラグインでオススメです。設定でamazonnのアクセスキーやシークレットキーなどをきめて自動化する必要があったりしますが、...

広告が目立ちすぎて売り込み感が強すぎるケース

売り込み感が強すぎるケース
アクセスが多いわりに広告がなかなかクリックされない原因の1つとして、ページ内で広告が目立ちすぎている事例も考えられます。TwitterやInstagramといったSNSでも露骨な宣伝行為は嫌われているように、人は明らかに広告とわかる表現を目にするとついつい警戒してしまうものです。何らかの悩み解決を求めてアフィリエイトサイトにたどり着いた検索ユーザーなら広告をクリックしてくれる確率が比較的高いとは言え、あまりにも売り込み感が強すぎるサイトは警戒されてしまいます。

広告を自然に溶け込ましテキスト広告をうまく使う

そうした風潮の中でページ内に広告を掲載する際には、訪問ユーザーに役立つ有益な情報を提供しているページのレイアウトと自然に溶け込むように設置するのがコツです。画像を使ったバナー広告だけでは目立ちすぎる面もありますので、記事コンテンツに溶け込みやすいテキスト広告とうまく使い分けるような工夫が求められます。

ジャンルや商品の選び方を間違っているケース

ジャンルや商品の選び方を間違っているケース
以上にあげた点を改善してもなお広告のクリック率が伸びないとしたら、広告のジャンルや商品そのものを見直す必要が出てきます。選んだ広告が売れない商品だったり稼げないジャンルだったりしては、記事が読まれても広告はクリックされないのです。
特に高額商品は選び方を間違うと大きな損失を被ることになるだけに、購入ユーザーは商品のメーカーやサービス事業者の信頼性を何よりも重視します。知名度が低く販売実績も乏しいメーカーの商品では、どれだけ熱心に勧める記事を書いても広告はクリックされにくいものです。

Googleキーワードプランナーで商品の知名度や検索需要を判断する

悩み解決につながらないようなジャンルではよほど上手に宣伝しない限り商品が売れないため、稼げないジャンルの広告を選んでいる場合も改善の必要があります。Googleキーワードプランナーは商品の知名度や検索需要を判断することが可能で、売れる商品とジャンルを選び直す際にも重宝される便利なツールです。

keysearch beta使い方などアフィリエイトを運営する上で欠かせないマーケティングツール10選
アフィリエイトサイトの運営をする上でサイト分析は必須になってきます。グーグルアクセス解析は必須ですがそれ以外にも数多く便利なものがあります。 これらの分析ツールは、様々ですがWEBマーケティング会社では5万円ぐらいなどで普通に販売していま...

商品や広告が季節と合っていないケース

商品や広告が季節と合っていないケース
掲載する広告に売れない商品を選んでいるサイトの中には、単に季節が合っていないだけという例も珍しくありません。
年賀状や福袋・入園グッズのようなわかりやすい季節商品に限らず、夏場にしか売れない商品や冬場に強い商品があります。そうした季節ごとの需要を把握しないまま広告を選んでしまった場合は、他のポイントで問題がなくてもクリック率が伸びません。
例えばダイエットや脱毛などのジャンルは露出が増える夏場に需要が増えるため、冬場だとよほど上手に記事を書いて広告に誘導しない限りクリックされにくいと言えます。

季節に左右されないもしくは季節にあった商品やトレンドにあわせた広告に変える

商品の広告と記事の内容を季節に合わせたものに変えるとともに、時代のトレンドに合わせた広告に選び直すことでもクリック率の改善は可能です。
季節と関係なしに1年中需要がある商材の広告に変え、広告に合わせて記事コンテンツに修正を加えるという解決方法も考えられます。

【便乗・狙い目アフィリエイト】猿でも稼げる春夏秋冬の季節特需イベント10選
クリスマス(12月24日・12月25日) イベントの特徴・購買需要・ターゲット クリスマスは子供だけではなく、家族、恋人、友人間などで行われるイベントで、プレゼント交換をすることが多いです。 ターゲットは、ネットでプレゼントを購入...

まとめ

アフィリエイトサイトで成果を得るには、絶えず効果を測定した上でサイトを改善していくサイクルが欠かせません。
アクセス数を増やしても広告がクリックされずコンバージョンにつながらない場合には、以上のような6つの観点からサイトを検証してみることをおすすめします。広告がクリックされない理由に応じて適切な対処方法を試していけば、何もしないでいるよりも問題点を改善できる可能性が高まるのです。

関連記事

【ホリデーシーズンに向けての対策】アフィリエイトの成果が発生しない時に改善すべきポイント10選
アフィリエイトの成果が発生しない原因はいくつか考えられますが、そもそもウェブからの集客がうまくできていないことが大きな原因ではないかと考えられます。 ウェブからの集客を行うためには、キーワード選定が大切で、そのキーワードを使った記事タイト...

タイトルとURLをコピーしました