アフィリエイトブログでユーザーの検索意図を調査するやり方と活用術

アフィリエイトでユーザーの検索意図を調査するやり方と活用術 アフィリエイト基本情報

アフィリエイトで成果を出すには、検索エンジンからの流入を増やす工夫が欠かせないという点は周知の事実です。そのためにはユーザーの検索意図まで知った上で、コンテンツ作りに生かす必要があります。
検索意図の重要性は理解していても、調べる方法がわからないとアフィリエイトで成果が出ない状態から脱却するのは困難です。そんな悩みを抱えているアフィリエイトブログ運営者に向けて、検索意図の調べ方とコンテンツに反映させる方法を解説します。

検索意図とは?

検索意図というのは、検索エンジンを利用するユーザーが何を求めているのかを意味する概念です。自分自身が検索エンジンを利用するときの心境を思い起こしてみれば、検索意図がどのようなものなのかを理解できます。
中には単純に知識を得たいという調べ物の目的で検索エンジンを利用する人もいますが、何らかの悩みを解決しようとしたり商品選びの参考にしたりする目的で検索する人が大半です。そういった意味では、検索意図はユーザーが検索エンジンを利用する動機だと言い換えることもできます。

なぜ検索意図を理解しないといけないのか?

ユーザーの検索意図をよく理解しないままアフィリエイトブログを作った場合、せっかく記事が読まれても広告が利用されないという残念な結果を招きがちです。
今すぐ悩みを解決したいというユーザーの役に立たない記事は、最後まで読まれることなく早々に離脱されてしまいます。アフィリエイトで成果を出すにはアクセス数を増やすだけでなく、表面的なキーワードの背後に隠されている検索意図をどれだけの精度で推察できるかという点にかかってくるのです。

検索意図を理解するメリット

検索意図を理解するメリット
以上のようなユーザーの検索意図を理解すれば、世の中に存在する需要や欲求を知ることができます。
それらの需要や欲求の持ち主は、アフィリエイトブログで広告を利用してもらえる可能性を秘めた存在です。潜在的な顧客の検索意図を把握することで、ユーザーの需要や欲求に応えられる情報を提供することが可能になってきます。ユーザーが求める情報を掲載したブログほど広告が利用される確率も高く、収益を上げやすいのは言うまでもありません。

検索意図とSEOとの関連性

ユーザーの検索意図を理解する意義は、ページ離脱率を下げてコンバージョン率を改善させる効果だけに限りません。キーワードの検索意図を反映させた内容の記事は検索エンジンの評価も高くなるため、SEO的にもプラスに作用してくるのです。
検索エンジンもアルゴリズムに人工知能を活用しながら年々進化しており、現在では検索意図をどれだけ反映しているかという点まで判定できるほど精度が向上しています。検索意図を把握してユーザーが求める情報を提供しているブログは、検索順位で上位に表示されやすくなってきているのです。

検索意図を調べる方法

検索意図には以上のように重要な意義があることがわかっても、調べる方法がわからないのでは活用しようがありません。ユーザーの潜在的需要まで反映された検索意図を知るには、以下に挙げるようないくつかの方法が考えられます。
より精度の高い検索意図のデータを得るには、複数の方法を使い分けた上で調査結果を照合するのがコツです。

検索結果から読み取る

実際に検索エンジンでキーワードを入力して得られる検索結果を読み取るだけでも、大まかな検索意図を知ることができます。
ブラックハットSEOが横行していた頃には、検索意図とは無関係の検索結果が上位表示されるような例も珍しくありませんでした。検索エンジンを騙すようなSEO手法が通用しなくなった現在では、検索意図まで推察した上で最適な検索結果を上位に表示するようにアルゴリズムが変わってきています。
検索ユーザーが求めている情報を知るには、上位表示された検索結果に含まれるページタイトルと説明文に目を通すのが最も効率的です。
例えば「ダイエット リバウンド」というキーワードで上位表示された検索結果を見れば、ダイエットでリバウンドする原因とその対策を知りたいというユーザーの検索意図が読み取れます。
ダイエット リバウンド

上位表示されているサイトの中身の見出しもチェックする

特定のキーワードで検索して上位表示されるようなサイトは、検索結果に表示されるタイトルや説明文だけでなく本文の見出しにも気を配っているものです。H2やH3のタグで囲まれた見出しに検索意図を盛り込めば、検索エンジンからも高く評価されやすくなります。
さらに踏み込んだ検索意図を知るには、上位表示されているサイトにアクセスして本文の見出しをチェックしてみるのが効果的です。titleタグやmetaタグ・hタグ以外にも、箇条書きやリスト項目を表示するul・ol・liタグに検索意図を知るヒントが隠されています。
見出し(hタグ)抽出ラッコツール」というものがあり無料でキーワードを入力すると一発で上位表示されているサイトの中身の見出しが閲覧できとても便利ですので是非確認してみて下さい。

keysearch beta使い方などアフィリエイトを運営する上で欠かせないマーケティングツール10選
アフィリエイトサイトの運営をする上でサイト分析は必須になってきます。グーグルアクセス解析は必須ですがそれ以外にも数多く便利なものがあります。 これらの分析ツールは、様々ですがWEBマーケティング会社では5万円ぐらいなどで普通に販売していま...

検索エンジンのサジェストを調査する

検索結果からユーザーの検索意図を調べる際に是非利用したいのは、キーワードを入力する際に変換候補を表示させるサジェスト機能です。この予測変換機能にはよく検索されるキーワードの組み合わせが反映されており、変換候補の上位に表示されたキーワードほど検索頻度が高いことを意味します。
サジェスト
ユーザーの隠れた需要まで深く掘り下げるには、検索結果の上位に表示されたサイトのタイトルや説明文を読むだけでは十分でありません。サジェストに示されたよく検索されるワードを把握することで、意外な需要が発見されることもあります。
Ubersuggestは無料でキーワードを入力すると、その関連キーワードやサジェストワードを表示してくれるので活用してみて下さい。

Q&Aサイトでユーザーの悩みをリサーチする

特に悩み解決系のコンテンツでアフィリエイトブログを作る場合には、ヤフー知恵袋」や「教えて!goo」といったQ&Aサイトに寄せられている質問も参考になります。何らかの悩みを持つユーザーの中には必ずしも検索エンジンを使わず、Q&Aサイトを利用して解決方法を教えてもらおうとしている人も少なくないのです。
Q&Aサイトに示された回答は、検索意図を反映したブログコンテンツのヒントにもなります。検索結果やサジェストを利用したリサーチだけでは知り得ない隠された需要も、検索意図の宝庫とも言えるQ&Aサイトを使えば掘り起こすことが可能なのです。

検索意図を理解してコンテンツに落とし込む方法

以上のような方法を駆使して検索意図が把握できれば、検索ユーザーが求めるコンテンツを作成する道も開けてきます。ユーザーが悩みの解決を求めていると判明した場合には、悩み解決につながるような商品やサービスを紹介する記事を書くのが効果的です。
何らかの商品を購入しようとしているユーザーに対しては、商品の比較記事やランキング記事を作ることで読んでもらえる確率が高まります。コンテンツの価値を高めるには既存の情報を単純にまとめるのではなく、検索意図を踏まえた上で独自の要素を盛り込んだ記事を作成するのがコツです。

アフィリエイトと検索意図の関係まとめ

20年以上の歴史を持つ検索エンジンもインターネット黎明期からの紆余曲折を経て、ユーザーに役立つという本来あるべき姿に進化しつつあります。裏技的な手法で検索上位を勝ち取っていたサイトは一掃され、現在ではユーザーの検索意図を忠実に反映させたサイトが上位表示されやすいように改善されています。
検索意図を知ることはSEO対策になると同時に、アフィリエイトの成果にもつながりやすいという点で一石二鳥の効果があるのです。

タイトルとURLをコピーしました