アフィリエイトブログに最適なレンタルサーバーは?月額料金・WordPress運営面から考察5選

レンタルサーバー アフィリエイト基本情報

ホームページを見るにはサーバーにアクセスすることでホームページの情報を表示します。
このサーバーはいわゆる、インターネット上で公開している住所に当たり「.com」や「.jp」などのドメインも必要となってきます。
このようなサーバーですが個人で所有することもできますが、高額になるためレンタルサーバーを利用することが多いです。レンタルをする場合の注意点としては、値段で選ぶよりもその後のサービスで選ぶことが重要で住居などのようにいろいろな保険に入ることができるかがポイントになります。
サービスとしてサーバー内のデーターが消失した際の補償などのほか、サーバーの安定性などで選ぶことが重要です。このページではドメインやレンタルサーバーの説明からおすすめのレンタルサーバー5選まで紹介をしていきます。

ドメインとは

ドメインとは
ドメインとは簡単に言うとインターネットを使用している際、ホームページを見たりしているとwww.○○という感じでアドレスバーに文字が表示されているURLになります。
この文字の部分がドメインというものでインターネット上のホームページなどを預けている場所の住所のようなものだと理解してください。この時に.comとか.jpなどがアドレスの最後のほうに記載されているはずですが、これはどのような情報を公開しているかという「種類を表している場所」で言ってみれば賃貸で借りているマンションの立地されている場所などと考えれます。
この場合アドレスの最後がcom.だと企業であると住所を見て判断しJPについては間違いなく日本にサーバーがあるということが分かるようになっています。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、ホームページ上で公開したい際に情報を預けて住所を決めて公開する場所のことを指します。
つまり賃貸で物件を借りて商売をしようとしている状況であると考えると分かりやすいです。情報を公開している際にビジネスとして情報を公開していると定義して、レンタルサーバーはその公開する情報を提供できる場所を利用者に提供しています。
その為レンタルサーバーを借りた際には住所となるドメインが割り当てられて、自分のホームページなどを公開する際の住所となります。
この時、レンタルサーバーの値段が様々で、高いものがありますが、これは高級な一等地でお店を構えると定義して考えることもできます。高級な一等地ですので、商品をお届けする際、最新の輸送車両でホームページの情報というデータを届けるため、他のホームページの表示速度と比べてホームページの情報を表示するスピードが速いなどのメリットがあります。このようにサーバーの性能が上がることで公開しているサイトが表示されるスピードにも変化があるということです。

サーバーはどうすれば手に入るのか?

サーバーの入手ですが方法としては2種類あります。1つはレンタルすることともう1つはサーバー自体の機器を購入することです。

レンタルする場合

レンタルする場合の利点は、車のレンタルで考えると分かりやすく、性能が良い車でもレンタルで借りることができますが、その分レンタル料金は高くなります。これがレンタルサーバーの場合の利用料となります。

購入した場合

購入した場合は自分で車を購入したわけですから自由にカスタマイズして性能を後から上げることもできますが、問題としては運用コストがかかりメンテナンスをしないといけないということで修理が必要になった場合、レンタルとは違い修理を自分で行うか業者の方に来てもらいサーバーを修理しないと使えないのです。
レンタルサーバーの場合、サーバーのメンテナンスはレンタルをしている会社が担いますので、レンタルサーバーを探してインターネット上で契約をするか電話で契約をしてサーバーを借ります。

この2種類の方法でサーバーを入手しますが、一番多いのはレンタルが多く、理由はサーバーは管理とメンテナンスなど知識がないと扱えないため個人で所有している人はわずです。

レンタルサーバーの選び方のポイント

選ぶポイント

サーバーの繋がりやすさ

まず、料金で選ぶ場合、問題としてはサーバー自体の繋がりやすさや安定性が問題があることがあります。
これは安い賃貸マンションで例えると分かりやすく、安い価格でマンションを借りるということはその分、利用者をたくさん集めないと利益が出ないです。ですが問題としてはマンションはだんだんと劣化してメンテナンスをしないといけないのですが、メンテナンスをしている余裕がないので住めることができればマンションを貸し付けます。
これをサーバーに置き換えると利用者をたくさん集めてサーバーのメンテナンスの回数を減らして運用するため、サーバーがダウンしてしまい、動作しなくなると預けていたデーターすべてにアクセスできなくなります。

データバックアップやサポート体制

価格が安いこともある意味で重要ですが、保険が必要です。住宅でも保険に加入して万が一の際に保険が機能して問題を解決します。このサーバーの場合は、アクセスできなくなりホームページが更新できないことと、ひょっとしたらデーターが消えている可能性があるということです。そうした問題に直面した場合、サポートが対応してくれるのですがこの時、価格がある程度の価格ではないとサポートにてデータを救出したりすらできないです。
このデーターの救出に関してはレンタルサーバーを貸し付けている会社がサービスとして行っています。レンタルサーバーは値段で見るのではなく、その後のサポートの内容で見ると一番安心してホームページなりブログなりを開設できる会社がおすすめです。

おすすめのレンタルサーバー5選

カゴヤ・ジャパン

レンタルサーバーのカゴヤ・ジャパン
カゴヤ・ジャパンは、レンタルサーバー・専用サーバー・VPS・クラウドサービスなどのホスティングやデータセンター事業を展開。レンタルサーバーは万全のセキュリティと品質にこだわり、低価格・シンプルにご利用いただけます。

初期費用
無料
月額料金
880円~
ディスク容量
最大300GB
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
無制限プラン有
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか
インストール不要ですでにプラグインが入っています

特徴

WordPressに既に対応していて専用のサーバーなのでアクセス速度がものすごく速いです。
ハードディスクを介しておらず、高速アクセスが可能なSSDをサーバーを使用しているのでアクセスが早くデーターの消失が少ないのが特徴です。カゴヤ・ジャパンバックアップ機能も1サイト10ギガまでなら無料であることも特徴の1つになります。

メリット

カゴヤ・ジャパン初期費用が発生せず、WordPress専用の高速アクセス可能なサイトを持てるということにメリットがあり、特別に何かプラグインをインストールするといった作業もなく、借りたその日からWordPressの利用が可能です。

デメリット

一番格安なプランでは10ギガと限られた容量しか使用できないことと、メールサーバーなどや共有となるサーバーは別になりますので、あくまでこのサーバーはWordPressを構築してホームページを公開する場所でしかない点です。
また、初期プランでは10ギガという限られている容量のみしかバックアップできないのでプラン変更を迫られるのですがプラン変更について価格が急に高くなります。

どんな人におすすめ?

WordPressをすでに実際に構築してホームページを公開している人向けです。
サポートがある程度対応してくれますがあまり期待してはいけない点と凝ったホームページを作るのであれば容量を拡大する必要性も生まれますのでカゴヤ・ジャパンはちょっとしたホームページを公開する分にはよいかもしれないです。
後はプランにより動画を入れたりもできるのでプラン次第でよいホームページを構築できると思います。ホームページ作り経験者向けです。

エックスサーバー

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
レンタルサーバーの【エックスサーバー】は、高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

初期費用
3,000円
月額料金
900円~
ディスク容量
最大400GB(SSD)
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
無制限
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか

特徴

国内シェアNo.1で、安定性と速度に優れ24時間365日のサポート体勢の整った安心安全のサーバーです。
エックスサーバーマルチドメイン無制限なうえ、急な大量アクセスにも安心のnjinxの搭載により複数のサイトを運営してもこれほど安定して作動するサーバーはありません。高速で大量のアクセスにも対応可能、サポートサービスの充実といった安心、快適が特徴のサーバーです。

メリット

エックスサーバーは月額1,000円程度という低価格で同価格帯のレンタルサーバーに比べて圧倒的なサーバーの安定性が強みです。
無料の独自SSLやアクセス解析機能などサイトを快適に運用するためのサービスが豊富にそろえられています。WAFが導入されているためセキュリティ対策も万全です。
他のサーバーでは追加料金であったり、面倒な設定が必要なものがXSERVERなら初めから導入されていて簡単手順で使うことができるのがメリットです。

デメリット

月額費用はサーバーの性能に対してとても安くコスパはかなり高いのですが、その分初期費用が高いのがデメリットです。他のレンタルサーバーは安くて0円高いところでも2,000円程度ということを踏まえると初期費用3,000円という高さはデメリットです。
またプラン変更をしたい場合、変更が適用されるのは申請した翌月一日からと時間がないかかるのもデメリットです。

どんな人におすすめ?

これからウェブサイトの運営を始めてみたいという初心者におすすめです。エックスサーバーは国内シェアNo,1ということで口コミや情報サイトが豊富にあるためトラブルに対処しやすいですし、サポートセンターの対応が早いためすぐに困ったことがあってもすぐに解決しやすいです。
定期的にドメイン無料キャンペーンを行っているのでよく分からないけどブログ始めたいというひとはこれなら間違いないのではないでしょうか。

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ | 高速・安定WordPressなら!無料2週間お試し
高速、安定サーバーならさくらのレンタルサーバ!PHP7モジュールモードでWordPress高速化。無料SSL、Webフォント、バックアップ機能などWebサイト制作に便利な機能が充実。ドメイン取得、WordPressインストールも簡単。無料電話サポートで個人から法人まで安心してお使いいただけます。

初期費用
1,048円~
月額料金
131円~
ディスク容量
最大700GB
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
20~無制限
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか
◯※スタンダードプランより

特徴

価格が安くなんといっても安定間だと思います。さくらインターネット一番低いプランでは年間の費用も1,500円程度と安く、自分でサーバーを管理するよりは充分元が取れる内容だと思います。
アップロードも難しくなく、トラブルが発生すると技術的な部分も親身になって対応してくれるので、始めてサーバー契約するにしても安心して契約ができるのではないでしょうか。

メリット

やはり価格の安さだと思います。月額でジュース程度の値段。年間でも1500円程度というのは安いと思います。
さくらインターネットは7年契約していますが、特に大きなトラブルもなく、安定したサービスを提供してくれます。PHPの練習サーバーとしても活用でき、活用の幅もひろがります。アップロードの時間も昔は時間がかかりましたが、すぐ反映してくれます。

デメリット

ワードプレスになるとスタンダードプランからになりやはり一気に料金が高くなります。またサブドメインが、任意ではなく提示されたドメイン名の中から選ばなくてはなりません。

どんな人におすすめ?

ライトプランの年額 1,571円でも簡単なサイトを作ったり、掲示板作ったりする人には大変向いているサーバーだと思います。
やはり維持費がかからないので、それほどサイトを作るほどでもない、趣味の範疇でブログをしたいなどの人には向いていると思います。トラブルも少ないので、安定的に利用したい人は向いているはずです。初心者向けにはいいと思います。
また、さくらインターネットでは2週間のお試し期間がついています。お試し期間でも通常通りサイトが運営でき万が一不満な点があれば解約ができるので悩まれている方は試してみるといいと思います。

ロリポップ!

ロリポップ!レンタルサーバー
ホームページ運営なら、ずっと使えるレンタルサーバー「ロリポップ!」簡単、多機能、充実サポート、高速性能で、初心者から商用サイトまで安心してご利用いただけます。WordPress、EC-CUBEもたったの60秒で設置可能。まずは無料お試し10日間。

初期費用
1,500円
月額料金
100円~
ディスク容量
最大400GB
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
20個~無制限
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか

特徴

今年で17周年で200万サイトが利用している実績のあるサーバーです。
プランによって発生する料金やサービスも変わりますが、大体月500円ほどでセキュリティ、サポート、容量において十分なサービスを受けることができます。ロリポップは本格的なホームページを作りたいレンタルサーバーです。

メリット

何と言っても手軽に始められるところが最大のメリットです。初心者でも、手順通りに進めばサクサクドメインも習得することができます。
また親切な電話サポートがあるため、万が一行き詰まったときにも安心です。更に十分な実績があることから、突然のサービス終了といったことを心配申必要とありません。ロリポップは安心して任せられるレンタルサーバーだと感じています。

デメリット

支払い方法が多少ややこしく感じます。また基本的には自動引き落としなので、特にこちらからアクションを起こさなければ、ロリポップから連絡が来ることはないので、一度支払ってしまうと毎月支払い続けることになります。
全くサーバーを使っていないのに、うっかりしていると1年以上支払い続けていたなんてこともあるので、十分な注意が必要です。

どんな人におすすめ?

個人的なホームページを作りたいという方にももちろんオススメですが十分にロリポップのサービスを活かしきれる方でないと、少しもったいないかなと感じます。
とはいえ、ロリポップ手厚いサポートがあるため、安心安全に、また簡単にホームページを作りたいという方々全てにオススメできるレンタルサーバーです。

WebARENA SuiteS




https://web.arena.ne.jp/

初期費用
クレジット0円※請求書・口座振替は1,000円
月額料金
99円~
ディスク容量
最大100GB
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
3個または10個
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか
100GBプランではついている

特徴

NTTPCが運営する国内データセンターのレンタルサーバとしては格安な部類に入ります。またWebARENA SuiteSはレンタルサーバとしても老舗で20年以上の実績があります。
さらに上位サービスのSuiteXも用意されており自己の運営サイトのアクセス数の増加によるスケールアップにも対応可能なキャパシティもあります。
運営母体自体はラックサービスも提供しておりエンタプライズ用途にも耐ええるデータセンターを保有しています。

メリット

月額99円から始めることができ、何と言っても低価格です。298円の100GB プランであればWordPressも無料で利用可能です。
サーバも全て高速なSSDを利用しておりSSLも無料など個人で運営するサイトには十分な機能があります。
運営がNTT系なので倒産やサービスの突然の終了などのリスクが低いです。また日本国内の設置運営なのでサポートとのやり取りを含めて全て日本語での対応ができます。

デメリット

サポートは全て日本語でやり取りができるが充実しているかと期待しても実態は価格なりのサポートしかない点です。特にレスポンスが遅く、また素人を相手にするサポートとしては親切さが無いように感じます。
ディスクの増量ができずに契約変更しなくてはならない点です。また100GBを超えるサービスは一気に高額になってしまい最安でも1,300円以上で年払いになってしまう点です。

どんな人におすすめ?

NTT系列の運営で、何よりも安定性を求める人にお勧めです。ドメインの取得からSSLまで一通りの機能が揃っていてワンストップでサービスが受けられます。
サポートは優しくなく、あまりスピードもないが高額な上位サービスを運営しているだけあって難しい問題にも対応する能力はあります。WebARENA SuiteSは全てにおいて費用優先という人ではなく当初はお試しで安く抑えたいが、上位サービスが必要になったら費用UPは止む無しと思える人には良いと思います。

CPI(SV-Basic)

法人向け共用レンタルサーバー SV-Basic|レンタルサーバーなら【CPI】
法人向けの共用レンタルサーバー。国産SSL、WAFが標準搭載!官公庁や大手企業の実績多数。品質保証 SLA100%の高品質のサーバー設計で安定稼働を実現。自動バックアップと24時間365日電話サポートも。

初期費用
0円~(12ヶ月一括払い時)
月額料金
3,800円
ディスク容量
ウェブ100GB/メール200GB(1ドメインごと)
マルチドメイン※1つのサーバーで複数のドメインを管理できるか?
10個
WordPress※Wordpressの簡単インストール機能が付いているかどうか
○(独自のCMSツールあり)

特徴

独自のCMSを備え、WordPressの使用にも配慮されているため、初期の環境整備がしやすいです。また、多くの運用実績から設計されているため安定度が高くなっています。
SV-Basicはウェブとメールのサーバが分離されており大量のアクセスや障害があった際の影響に配慮されています。20年以上実績があり、多くの法人が運用しているため安心できるサーバです。

メリット

メールの利用に配慮がされておりビジネス用途で期待が持てます。また、ハードウェアを厳格な基準で管理しているためトラブルに強いです。
暗号化やウイルスチェックといったセキュリティ対策が固められており安心して使用することができます。また、SV-Basicは新規にドメインを取って別のサイトを持ちたい場合には各ドメインごとに別のリソースが割り当てられます。これによってドメインが増えても処理能力を維持できる構成になっています。安心してビジネスサイトを運用できます。

デメリット

料金が高めの設定であること、マルチドメインの数が少ない設定であることです。こちらのサーバの運用は比較的大規模なドメインを少数動かす際に適しています。
アフィリエイトなどで規模の小さいドメインを複数取得して別々に動かしたほうが良い場合にはマルチドメイン数の多い低予算なサーバを使用するほうが適しています。個人用途には適していません。

どんな人におすすめ?

SV-Basicはビジネス向けで大規模なサイトを運営したい方に適しています。具体的には注文や予約で大量のメールを受信するようなサイトを持ちたいという場合に強いです。
十分なディスク容量を備えている、サーバの安定性に配慮している、セキュリティ対策を万全に施している、などビジネス用途で押さえておきたいポイントを網羅しています。
フリーコールによる問い合わせが可能なのでアフターサービスでも安心できます。安定したビジネスサイトを持ちたい方に適しています。

関連記事

無料ブログから卒業。独自ドメインでアフィリエイトブログの信頼度をUPをしよう
アフェリエイトブログやホームページでの副収入が一定以上になると本格的に自分専用のページを立ち上げる事を検討し始める方が多いと思います。 特に無料のブログサービス等を利用していると、そのサービスの規約などの変更で制約が増えたり、転送量制限で...

タイトルとURLをコピーしました