【ホリデーシーズンに向けての対策】アフィリエイトの成果が発生しない時に改善すべきポイント10選

成果が発生しないときに見直すべきポイント アフィリエイト基本情報

アフィリエイトの成果が発生しない原因はいくつか考えられますが、そもそもウェブからの集客がうまくできていないことが大きな原因ではないかと考えられます。
ウェブからの集客を行うためには、キーワード選定が大切で、そのキーワードを使った記事タイトルの見直しや紹介文(リード文)の見直しがとても効果的だからです。

関連するキーワードを確認

キーワード選定の基本は、需要があり、かつライバルが少ないキーワードを選ぶことです。関連キーワード取得ツール(Goodkeywordのツール)で記事のメインキーワードを検索して得られた関連キーワードをすべてコピーします。

それを行うことによりどのような結果が見込めるか?

キーワード選定をメインにしており、そのキーワードで検索した人がどのような悩みや疑問を持っているかをイメージして紹介文や記事本文を書くことで、読者の満足度が高まることが予想されます。
読者は満足度の高い記事から、自らの悩みの解決策を得ようとしてくれるので、自然とアフィリエイトの報酬も上がってくることが見込まれます。

検索ボリュームを確認

コピーしたキーワード群をGoogleのキーワードプランナーで調査して、それぞれの検索ボリュームを調べます。2語または3語のキーワードで検索ボリュームがあるキーワードを選定し、実際にそのキーワードで検索をしてみて、ライバルが少ないキーワードを選んでそれを記事タイトルに反映させます。

読者の悩みに寄り添った文章を書く

せっかく、検索ユーザーがサイトに訪問してくれても、興味がない記事だったら読まれることはありません。
ですから、読者の悩みに寄り添ったり、読者の求めている答えをズバリ提示してあげたりすると記事を読んでもらえる確率も高まり、アフィリエイト成果にもつながりやすくなります。

SEOだけを考えたあざとい手法を使わない

SEOだけを考えたあざとい手法を使わない

理由

Googleはユーザーエクスペリエンスに関係しない、SEOだけを目的としたページコンテンツを排除する方向に動いています。過去に有効と言われていた手法が現在も効果的とは言えません。逆に有害ですらあるかもしれません。
これまでもGoogleがオフィシャルに、またはGoogleを離れたエンジニアがアンオフィシャルに公表してきたことです。

ブラックSEOは避ける

かつて行われた簡単にページランクを上げられる、とうたわれている手法すべてを疑うべきです。例えば、かつてアクセス数が多かったドメインやIPアドレスを譲り受けても、今や効果はありません。
相互リンクをいくら増やしても、サイト自体の価値が低ければ無意味で、作為的に行っていた場合はブラックに識別されかねません。HTMLやCSS内に隠しテキストを入れるテクニックも現在は非常に危険です。
Googleがサイトコンテンツの評価をする上で用いているAIは、同時進行で複数のモデルが比較検討されており、ユーザーエクスペリエンスに関係しないコンテンツの評価も進化しています。
SEOと称して怪しげな技術を取り入れても、その永続性は全く担保されません。逆に言えば誇大な効果をうたうSEO対策は怪しいと判断しやすくなっているとも言えます。

SNSで存在を広くアピール

SNSで存在を広くアピール

理由

多少なりともアフィリエイトで成果が発生する状態というのは一定の読者がいる状況ですので、その成果が出ないというのは見てくれる方がその一定数に満たない場合だと考えられます。
ですので、まずはアフィリエイトサイトをより多くの方に見てもらうことが重要です。
バナー広告と同様の考え方で、多くの方に知ってもらえる=露出を上げる。というのが一般的な方法ですのでそのバナー広告の代わりとしてSNSで告知、拡散という手法が効果的です。

具体的な方法

SNSといっても様々ですが、アフィリエイトサイトで扱っている内容によって向いているSNSが決まってくるかと思います。選定としては、美容系ならフェイスブック、若年層向けならばTicTok等が向いているのではないでしょうか。

ただ一番使いやすいのはtwitterかと思います。どちらかというとオタク向けのSNSかと思いますが、情報収集用として使用されている方も多いのでtwitterを使用して、自分の記事やサイトのページのリンクを貼り、それに付随するテキストを記載してツイートするという方法が良いです。
その際、付随するテキストに「キーワード」「バズりやすい言い回し」を使用することによってバナー広告のようなクリックしたくなる要素を入れ込むことが重要だと考えます。
また、この手法は数打てば当たる手法なので、できるだけ多くの方の目に留まることが重要です。なので、フォロワーの多い方、インフルエンサーにリツイートしてもらうことも重要だと思います。(ただフォロワーが少なくてもバズれば自然と拡散されるのでそれがSNSの良いところです)

それを行うことによりどのような結果が見込めるか

twitterのツイート=バナー広告と考えているので、何も告知していない時よりも、アフィリエイトサイトのビュワー数が上がります。
特に今まで日のビュワー数が0だった方は顕著に現れると思います。
ビュワー数が増えると、どのアフィリエイト記事が人気か不人気かも数字として見えてきます。そのデータを基に、このサイトではどのような話題・ネタだと伸びやすいか、という傾向と対策が打てるようになるので、今までより打率の高いアフィリエイトサイトになります。
また、単純にビュワー数が増えるのでクリックで成果が出るアフィリエイトの数字も上がります。

よりテーマを絞り込んだ記事を書く

よりテーマを絞り込んだ記事を書く

理由

何かに特化したブログやホームページでアフィリエイトを行う場合にはその記事に関連する広告を掲載した方がクリック率や契約率が高くなります。
固定の商品や企業等の広告がある場合は記事の途中や最後に貼る事で興味を持ったユーザーがアクセスしやすくなりますので、導入は記事の中盤から最後の方がよいです。

アドセンスにもマッチした広告が表示できる

Googleアドセンスの場合ではサイトのジャンルや閲覧しているユーザーの履歴に沿って広告が配信されます。記事内容と関係が無い場合には関連する広告が配信されにくい為、テーマに絞った記事を書く事が効果的です。
記事に関連するものを配信するので、興味を持ったユーザーがクリックし、購入に繋がる確率が向上します。
Googleアドセンスではクリック時に報酬が発生するので、バナーによる商品紹介と比べても報酬の発生率がより高くなります。

広告と記事をリンクさせる

アフィリエイト広告と記事をリンクさせる

理由

アフィリエイトで稼ごうと思ったら記事内容をもっとも重要視すべきだと思います。
中々アフィリエイトで成果を上げることができない場合には、アフィリエイト広告が記事内容とリンクしていないことが原因であると思います。アフィリエイト広告とブログないしホームページの記事内容は関連付けることでアフィリエイト広告をクリックしてもらうことができて、それが結果的には成果に繋がっていきます。

具体的な方法

具体的にはまずはブログやホームページを作成する場合にはテーマがあると思いますので、そのテーマから逸脱しないアフィリエイト広告があるASPを探すようにします。
ASPも色々ありますので複数のASPに登録して、ブログやホームページの記事内容にもっとも合致するものをアフィリエイト広告として掲載をしていきます。

それを行うことによりどのような結果が見込めるか

このことを実践すれば、もともとブログやホームページがあげているテーマに興味を持ってアクセスしてくれる訪問者ですので、記事内容とアフィリエイト広告に関係性があるならば興味を持ってアクセスしてくれやすくなります。
アフィリエイトで稼ぐにはいかにアフィリエイトリンクをクリックしてもらうかが大事になってきます。ですから、これを実践すればそれだけアフィリエイト広告をクリックが増えていくので、結果的にアフィリエイト報酬の成果も見込めます。

広告がユーザーにとって有益な情報だと伝える

有益な情報だと伝える

理由

広告の掲載位置は記事の近く、記事の途中などに配置するのが基本中の基本ですが、広告を「広告」と思われてしまうこと自体を避けるほうが重要だと考えます。
利用者にとって広告が有益な情報表示元の1つとして認識してもらえるようにします。また、広告がただの邪魔な「かたまり」として邪険に思われないような配置を考える必要があります。

具体的な方法

広告が邪魔な存在ではなく有益な情報表示元と思ってもらうためには少なくとも、間違ってクリック(タップ)するような配置を狙ってはダメです。
広告のクリックはあくまで利用者がその内容に感化され興味をもち、自主的にクリックすることが重要です。
内容を見てもらえる、目立つ位置という意味で、ページをスクロールしなくても見てもらえる位置に広告を配置するのが、まずは基本となります。

それを行うことによりどのような結果が見込めるか

利用者が広告の内容そのものに興味をもち、自主的にクリックをして、その先のサイトに行った場合、広告主・およびサイト訪問者の双方にとっての有益性が望まれます。
それぞれの利害が一致しての行動ですから、利用者がリンク先に行くこと自体を苦に思わない、マイナスの感情を抱かないということは、リンクに飛ぶ前の広告を掲載していたサイトへの印象悪化を防ぐだけでなく、むしろ印象が良くなる効果すら望めます。

広告画像やリンクタイトル、配置の更新

広告画像やリンクタイトル、配置の更新

理由

ブログ等で日々内容を更新していても、アフィリエイトのバナーや文章が変わらないと、読者側もだんだんと興味が薄れてただの背景と同じ扱いになってしまいます。
同じリンク先でもバナー画像や文章を定期的に変更を加えることで、来訪するたびに変わっていないか、無意識に気になって目が行くようになります。

具体的な方法

広告のバナー画像、文章のテンプレートが多数ある場合は、一週間に一回等、変更するタイミングを決めて定期的に変更します。
広告がショッピングサイトなどの商品の場合は、リンクする商品を定期的に変更する。その場合は、必ずテーマを決めて同じカテゴリで商品を貼る。あまりに違う商品だと、リンク先に行ってほしいだけだと思われてなかなか押して貰えなくなるので、あくまでも自分のおすすめ感を大事にすることです。

それを行うことによりどのような結果が見込めるか

定期的に変更することによって、バナーの背景化することを防ぎ、サイト本文と、アフィリエイト側に一体感が生まれます。そして、不定期ではなく定期的に更新することで、バナーへの警戒感を無くし、興味を向ける事ができます。
違和感のないサイトや商品ページなら次回からも抵抗なくチェックしてくれる確率も上がります。その結果、バナーをクリックしてくれる人が増えてきます。

広告の数を減らす

広告の数を減らす

理由

少しでも収益をあげようとしてむやみやたらに広告を貼ってしまうと、記事を訪れた人には「なんだか怪しいサイトっぽい」という印象を与えてしまうからです。
広告をクリックさせること自体よりも、健全な信頼できるサイトを作ることに重点を置いた方が、結果的に収益に繋がります。また広告の量を適切にすることによって、グーグルからの評価も上がります。

具体的な方法

現状でどの広告がクリックされ、どの広告から収益が出ているのかを分析し、収益の出ていない広告は思い切って削除してみるといいと思います。
1ヶ月後くらいに再び収益の分析を行い、効果が出ていればそのまま採用、効果が出ていなければ再び改善するといったことを繰り返します。この手順で適切な広告量がつかめると思います。

それを行うことによりどのような結果が見込めるか

広告を減らすことによってサイトを訪れた人からの信頼度が上がり、アクセス数や広告のクリック率が上がります。それに伴ってグーグルからの評価も上がるので、SEOにも強くなり、さらなるアクセスや収益が見込めると思います。
サイト自体の信頼度を上げることができれば自ずとリピーターが増えるので、安定した収益にも繋がるはずです。

関連記事

アフィリエイトでアクセス数が多いのに広告がクリックされない6つの理由と解決方法
アフィリエイトに取り組む中ではSEO対策を徹底させることでアクセス数アップは可能ですが、アクセス数だけ増えても広告が利用されなければ意味がありません。 実際にそこそこのアクセス数を獲得してながら広告がクリックされず、紹介した商品がなかなか...

タイトルとURLをコピーしました