keysearch beta使い方などアフィリエイトを運営する上で欠かせないマーケティングツール10選

キーワード・マーケティングツール アフィリエイト基本情報

アフィリエイトサイトの運営をする上でサイト分析は必須になってきます。グーグルアクセス解析は必須ですがそれ以外にも数多く便利なものがあります。
これらの分析ツールは、様々ですがWEBマーケティング会社では5万円ぐらいなどで普通に販売しています。無料でもかなり使えるものがあるのでいろいろ組み合わせてみて自分のサイトの分析をして成果を上げていってください。
ここでは有名なものからあまり知られていないようなものまでありますが主に無料で使えるツールを10個まとめてみました。

グーグルトレンド

トレンド商材・キーワードを見極めてこそ稼げるアフェリエイターに

Googleトレンド

Google トレンド

Googleはビッグデータを取り扱っており、Googleの検索バーを使用して日々情報収集をしている人は日本でも、世界でも大多数となっています。そして、そんなデータを持つグーグルだからこそ、統計データの信憑性も高く、また無料でアナライズしてくれるところも魅力の一つとなっています。

調べる・比較する

調べる
数多く検索されている“急上昇ワード”をチェックすることができます。グーグルトレンドは、期間や国を選択してキーワードごとに比較することもできるツールとなっており、まさに“トレンド”となっているキーワードを調べることができます。
急上昇ワード
実際具体的にどのように使用するのかというと、現在人気のキーワードやYOUTUBEでの注目動画、人気急上昇キーワードなどが調べられます。また、指定したキーワードの検索数推移を期間を設定して見ることができたり、国や地域での注目度を見ることもできます。

使い方

使い方としては左上のメニューから「調べる」へ進んだページで検索キーワードを入力すると、人気度の推移や、そのキーワードが検索されたエリアなど、最大5キーワードまで比較することもできます。
他には、今現在トレンドとなっている人気のキーワードを一覧でチェックすることができます。次に、“ランキング”では国別・年代別で最も人気が上昇したキーワードや、話題の人やニュース、映画、ドラマなどをランキング形式でチェックすることができます。

アフィリエイターとして

アフェリエイトとは自身のサイトやSNSを通じて、企業と提携して商品や広告バナーなどを展開し、そのアクセスや売り上げの貢献からアフェリエイターに収入が入る仕組みとなっています。そこで注目したいのは、いかに注目されるキーワードをサイト内に散りばめていくか、ハッシュタグで引っかかるワードを展開していくかということが人気を稼ぐのに必要となります。
そのためには、今どのワードが上昇していて、逆に衰退傾向にあるワードは何なのかなどを知り、選りすぐった今注目され売れそうな商品・注目度の高まっているものに関する広告を載せていくことで、インフルエンサーとして、または人気サイトとしての実力になっていくという相互効果があります。ですので、それらを事前に情報を集めるために、どの情報を載せることが今注目をされるのかということをこのツールを使って調べることはとても役に立ちます。

Googleキーワードプランナー

勝てるキーワードを探そう!

リサーチツールを使って適切なキーワードを選びましょう - Google 広告
キーワード プランナーを使って、Google 広告キャンペーンで使用する適切なキーワードを選びましょう。

そのジャンルにて、勝てるキーワードを見つけるためにはGoogleキーワードプランナーは、とても効率的です。年間の中での1か月の平均値としてどのくらいの検索者数があったのかが分かるので、その数値を確認したうえでどのキーワードを使うべきかを考えるようにします。
あまり検索数が多いとなると、競合も多い可能性があります。基本的には100~1000人ほどのラインを狙うと、競合がある程度少なく、検索者数としてもちょうど良いでしょう。
ビッグワードを最初から狙う人もいます。ビッグワードは、元々検索者数がとても多い場合がほとんどです。しかしサイトがまだ弱い状態(エイジングフィルターが切れていない、運営して日が浅い)では、ビッグワードは避けた方が無難です。
キーワードプランナー
複合ワードとしては3語くらいが理想でしょう。以前と比較をすると、話言葉のようなものが検索ワードになっていることが増えています。例えば「彼氏 作り方」ではなく「彼氏ほしい」のような感じです。こういったものをGoogleキーワードプランナーにて数値を見てみましょう。そのうえで使えそうなら、そのキーワードの答えを書くようにして、ユーザのニーズに答える記事を書くことが必要になります。

Ubersuggest

無料でキーワードをサジェストしてくれる

無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策
マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案。無料キーワード提案ツールUbersuggestなら、完全無料で提案数に制限なし。競合他社よりも上位表示されるコンテンツ作りのヒントが無料で取得できます。

Ubersuggestはキーワードを入力すると、その関連キーワードやサジェストワードを表示してくれます。さらにキーワードプランナーとちがい、数字がより細かいです。例えばキーワードプランナーであれば100~1000と出ているキーワードが880のようにより検索ボリュームが分かるものになっています。
Ubersuggest
しかもこちらのツールは無料で使うことができますし、そのキーワードに対してライバルサイトも表示してくれます。そのためライバルサイトを見て、そのサイトにどのような競合サイトがあるのか分析することが可能になり、コンテンツを作る際に参考にすることができます。
また、グーグル広告の単価、有料難易度、SEO難易度の数値も分かります。SEO難易度が高いキーワードは競合も強いので、そのキーワードでは書かないということもあります。
検索ボリュームが少なくてもSEO難易度が高いキーワードが分かるのは大変便利な機能です。いままでグーグルキーワードプランナーを使っていましたが、今はこちらのみを使用するだけでも大丈夫です。それほど便利なツールです。

keysearch Beta

対策キーワードを入れると瞬時に共起語が可視化される

keysearch Beta

keysearch Betaは世界の主要国のGoogleサジェストを自動で取得して、キーワードマップを作成してくれるツールです。
こちらのツールは無料登録など必要なく「キーワード」入力欄に対策キーワードを入れるだけで瞬時にキーワードマップを閲覧できます。それもしっかりと共起語や関連するキーワードごとにグルーピングしてくれているのでとてもみやすいです。
新しいサイトやカテゴリ追加や記事追加などに悩むことがあればとても参考になるツールです。
keysearch Beta

関連キーワード取得ツール

教えて!goo、Yahoo!知恵袋からユーザーの悩みキーワードをまとめてくれる

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋より関連キーワードを一括取得し、表示してくれるツールです。
アフィリエイトを構築する上では重要なことはユーザーのニーズや不安要素を解消させて成果につなげる広告などへ案内してあげることです。「教えて!goo」や「Yahoo!知恵袋」はこのような悩みや不安要素が詰まっています。本来なら自分の目で読み取る定量調査も必要ですがこちらのツールである程度見えてきます。
キーワードをエクセルにまとめてカテゴライズしたりグルーピングしたりしてコンテンツ作りのヒントに使うことができます。
関連キーワード取得ツール

見出し(hタグ)抽出ラッコツール

既存コンテンツの改編やタグの入れ替えなどが簡単に

見出し(hタグ)抽出 | ラッコツールズ🔧
競合調査やコンテンツの参考に、指定したキーワードの検索上位ページの文字数・TITLE・記事内の見出しを一括抽出できます。上位ページだけでなく、確認したいページのURL指定もできます(複数指定可・上限100)。h1~h6タグより選択可能、CSVダウンロード可能、CSVファイルにはDESCRIPTIONも出力されます。

ワードプレスやCMSに入稿してコンテンツをつくるときに、既存のページを自動的にタグに変換してくれるツールです。変換したいページのURLを入力するだけで、自動的に見出しタグ入りに変換できます。また、h4の有無が選べるため、既存のコンテンツにh4を追加したいときや、コンテンツの厚みを増したいときにも便利です。
自分が作ったページや既存のウェブサイトのURLから抽出するだけでなく、任意のキーワードを入れて上位のページからのタグ取得も可能です。コンテンツの競合サイトの内容を確認したいときにも便利です。
タグつき見出し抽出は、エクセルファイルにCSVファイルとしてのダウンロードも可能です。手元で作業できるパソコンがない場合でも、CSVファイルで見出しタグを持ち出し、後で編集するといった使い方もできます。また、見出しタグの状態で構成案として第三者に提出したいときにも有効です。見出しの内容を考えたり、修正したりするときにも便利です。

Goodkeyword

登録なしで気軽に使用でき、コンテンツの改装にも有効

Goodkeyword
https://goodkeyword.net/
SEO対策でのサジェストワードを知りたい時に、Goodkeywordを使用しています。Googleのキーワードプランナーと同じようなツールですが、こちらはGoogleのアカウントがなくても使用できます。Googleのほか、Bing、Yahoo!といろいろな検索エンジンのサジェストツールを検索できるので、SEO対策の記事作成によく使用しています。
初めてSEOを意識したマーケティングを行いたい人にも、気軽に使えるツールだと思います。キーワードプランナーのように、キャンペーンとの連動制はありませんが、既存記事のSEO対策を見直したいときや、既存記事にコンテンツを増加させたいときなどにも使えます。
まったく新しいコンテンツを作成するときには、キーワードプランナーには一歩及びませんが、とにかく登録なしで気軽にSEO対策がしたいとき、オウンドメディアのような大型のものではなくブログ記事のような軽めのマーケティングがしたいときにも使えます。

Gyro-n SEO※3ヶ月まで無料

キーワード選びはその後のアフィリエイトに影響を与える

SEOツールならGyro-n|SEO分析結果を施策につなげる
【SEOツール】なら検索順位チェックから競合比較、内部対策管理まで、インハウスSEO担当者が行うフロー、SEO対策のノウハウを詰め込んだGyro-n SEO。効率的にSEOを管理する高機能SEOプラットフォームです。無料から利用OK!

Gyro-n SEOの活用法とメリットですが、アフィリエイトにおいて重要なポイントは流行などのトレンドを含むキーワード候補を探すことです。
また最近の検索エンジンはワードが過剰であると判断した場合、弾くようになっており、明らかに過剰なワード数が多いものについてもSEOツールが自動で判断し診断を下します。利点としては、自分でワード数を数える必要性がない点です。
また、テキストについても診断機能があり、強調する部分についてはきちんと見出し部分にはH1等が挿入しているか、強調文字が多すぎないかどうかも診断してくれます。
活用方法としては自分の文法が現在の検索エンジンと比較した場合、どの位ずれがあるかどうかを判断する材料にもなります。

キーワードツール(keywordtool.io)※有料・無料版あり

コンテンツマーケティングに必須のSEOキーワード確認ツール

キーワードツール
https://keywordtool.io/jp
「Keyword Tool」の機能はシンプルで、入力したキーワードと関連したキーワードが一覧で表示されます。「Googleキーワードプランナー」の仕様が変わり、正確な検索数を確認するためのハードルが上がってしまったので、無料で使える「Keyword Tool」はそれだけで十分な価値があります。
しかしトレンドやCPC(クリック単価)、Competition(広告の競合度)が隠されていますが、これをすべて見るためには残念ながら最低でも月89ドルかかります。
検索エンジンだけでなく、AmazonやYouTubeなどで検索されているキーワードを調査できるのもポイントが高いです。最近のコンテンツマーケティングではGoogleでのクエリチェックの価値が少し落ちていますので、購買・関心の関連キーワードが知れるのは非常に大きな特徴です。
もう一つ「Keyword Tool」の有用な使い方として、「キーワードプランナー」と合わせてキーワードを確認することが挙げられます。「Keyword Tool」はロングテールのキーワードが表示されるので、「キーワードプランナー」では見つけにくいキーワードを発見できます。とくにコンテンツマーケティングを推進したい企業などは、「Keyword Tool」と「キーワードプランナー」を併用してキーワードの獲得を進めると良いでしょう。

SEOチェキ

動作が軽いことがかなり重要なseoツール

SEOチェキ!無料で使えるSEOツール
無料SEOツール「SEOチェキ!」(せおちぇき!)はSEOに役立つさまざまな情報を、調査することのできるツールです

このSEOツールのメリットですが、自分が作成したホームページの検索順位やキーワード数、Alexaのランキング、フェイスブックのいいねの数などアクセスに関しての情報を高速で解析して表示してくれます。
無料のオンラインツールですが、優秀で、よくありがちな高性能すぎるがゆえに分析中に固まってしまうとか煩わしい設定があるとかそういった物もないです。最近ではgoogleがキーワードに敏感になってきており、キーワードが多すぎたりした場合、スパムや過剰広告サイトとして見られてしまうことがあるので、キーワード数を減らすなどを行う際にもこのツールを使用しています。

タイトルとURLをコピーしました