トレンドアフィリエイトのメリット、デメリットと記事の書き方のコツ

トレンド・季節物を選ぶ 注目されるサイト作り

最近では正社員でも副業を認める会社も多く、安い給料を本業とは別の所で補おうという人も増えています。
しかし、最初に何を始めればいいのか分からないという方も多いですよね。そこで副業初心者にもオススメなのが、トレンドアフィリエイトです。このトレンドアフィリエイトがどういう物なのか、どうやって始めればいいのかをご紹介します。
通常のアフィリエイトと比較するととっつきやすいということが言えるのでメリットが十分存在するのです。
もちろんデメリットというのもあるのですが、ネットビジネスを始めたいと思っておりアフィリエイトに興味があるならばトレンドアフィリエイトを考えてみても良いでしょう。

トレンドアフィリエイトとは

トレンドアフィリエイトとは、ニュースなどで現在話題になっているキーワードをブログで取り扱い、その中で広告収入を得ることで稼いでいくアフィリエイト形態です。
ニュースや芸能ネタなどを追って記事にするだけなので、話題探しのコツがまだ掴めていなかったり特別な知識がない方でもすぐに始めることができます。

トレンド記事のネタの選び方

twitter
トレンドを利用した記事を作るためには、まず今のトレンドがどういった物があるかを探す必要があります。

最も分かりやすい方法として、ツイッターなどのSNSを利用する方法があります。
例えばツイッターでは、常にトレンドが表示されているので、その中の上位に上がった話題を選ぶだけで記事に使う話題を用意することができます。

テレビのニュースなどでも芸能ネタを取り扱うことがありますので、それを見て出てきたネタを利用するという方法もあります。
最近では若者のテレビ離れという言葉もありますが、ワイドショーなどでそういった番組を見る層はまだ多く、そういった方を対象にアクセス数を狙うことができます。

トレンドアフィリエイトのメリット

トレンドアフィリエイトでは話題となっているネタを元に記事を執筆していくので、他のブログに比べて、すぐにアクセスを稼ぐことができるのが初心者にオススメする理由の一つです。
記事で触れる内容は既に話題を集めている物ばかりなので、最初から検索されやすい記事として出来上がります。
また、トレンドに上がったばかりの単語の場合、早く公開すればそれだけ競合するサイトが少ない状態で検索に掛かります。
競合するサイトが少なければ少ないほど自分のブログのアクセス数も伸びるので、初心者でもアクセス数が稼ぎやすいというわけです。

そしてブログにはクリック報酬型の広告をあらかじめ貼っておけばアクセス数に比例してたくさんのクリックが期待でき多くの収入が得られるというものです。
どんな記事を載せるのか?というと、世間の多くがインターネットで調べたくなるような題材を選ぶ必要があります。
その多くは芸能関係であり、芸能関係の記事ならばそこまで詳しく調べないでも書ける人が多くいるはずですからそこがトレンドアフィリエイトのメリットです。
通常のアフィリエイトは何らかの商品、サービスについて記事を書くのですがこれは本当に事前のリサーチをしっかりとやっておかないといけません。
通常のアフィリエイトはアクセスを集めて、それを商品やサービスの購入や利用に結び付けないといけないからです。
しかし、トレンドアフィリエイトはアクセスを集めればいいので内容が仮にちょっと浅くても構わないということが言えます。
そこもトレンドアフィリエイトにおけるメリットになりますが、誰でも簡単に稼げるわけではなく「どんな記事を書くか?」という方向性はきちんと考えないといけません。
逆に言えば、そこがトレンドアフィリエイトのデメリットと言えライバルを意識する必要があるのです。

トレンドアフィリエイトのデメリット

デメリット
トレンドアフィリエイトの場合記事のネタとしてメジャーなのは芸能関係であり特定の話題に集中しやすいということが言えるのです。
通常のアフィリエイトの場合には、扱う広告がたくさんあるので、散らばるということが起きるのですがトレンドアフィリエイトの場合には集中しやすいのです。
つまりせっかく書いた自分の記事が検索エンジンの上位に表示されづらくて、アクセスがなかなか集まらないということもありえます。ですのでトレンドアフィリエイトの記事の書き方のコツのようなものを考えていかないといけないのです。話題が集中しやすい中でライバルとちょっと話題をずらすという工夫が必要です。

トレンドアフィリエイトでの記事の書き方のコツ

書き方のコツ
例えば芸能人の誰かが結婚をしたというニュースがあった場合、その芸能人に関する検索需要が増えます。ただその芸能人が結婚したというニュースをストレートに伝える記事を書くとライバルが多すぎるのです。
トレンドアフィリエイトをやっている人だけではなくマスコミのサイトなどもライバルになりますからそれには勝てません。
そこでその芸能人に関するプロフィール的な記事を書くというのはおすすめです。
芸能人が結婚をしたというニュースを見て、その芸能人について詳しく知らない人はやはりプロフィールを調べようとします。
例えば学歴とかは特に調べる人が多く出身高校や大学学部などに関する記事を書いておくと有効です。さらに言えばその出身高校や大学学部の詳細(偏差値などの情報)も載せておくと良いです。
出身高校や大学学部がどこか分かった後は、その学校のレベルを知りたくなる人が実際多くいますから。
あとは学生時代の部活、恋人の遍歴、俳優であればこれまでの出演作品など、他にもいろいろな候補がありますがいずれもプロフィール的な内容です。

芸能関係以外の記事を書いても構わない

トレンドアフィリエイトでは芸能ジャンルが特にメジャーですが、それ以外でも世の中の人が注目したくなるニュースについて書けるならばそれでも構いません。
政治やスポーツなど、いろいろなジャンルで一時的に検索需要が増えるようなことがあります。
そのときにも意識するのはそのニュースの中心人物のプロフィールです。
自分の興味があるジャンルの最新のニュース的な内容に関して特定の人物のプロフィールを意識して書いていくようにしましょう。

記事を執筆する際に気をつけるべき3つの事

アクセスを集めて成果を上げよう
記事を執筆する際に気をつけることは、タイトルと記事内の文字数とアドセンスの規約に違反しないようにする事の3つです。

タイトルは熟考して考える

タイトルは検索にヒットさせるためには最も重要なものです。
ユーザーがその話題に対して検索をする際、様々なキーワードを使用して検索をします。
その際、選ばれたキーワードに自分の書いた記事のタイトルが引っかかった時に、検索リストに記事が出てきます。
つまり、検索される時に選ばれるキーワードを予想しながらタイトルを付けることが、記事を作る時に重要な役割を果たすのです。
検索されやすく閲覧数が伸びやすい記事にするためには、記事のタイトルには検索されるキーワードを意識した言葉を複数取り入れることが大事になります。

ある程度の文字数で書く

記事の文字数はGoogleを始めとする検索サイトが、ブログやサイトの品質を評価するために重要な要素として見ています。
品質が低いと評価されてしまったサイトは検索圏外に除外されてしまう事もあり、そうなってしまった場合アクセス数を期待することはできません。
最低でも1000文字から2500文字で記事を制作するのが一般的だとされていますので、まずはその文字数を常に満たせるよう意識しましょう。

広告の規約には必ず従う

トレンドアフィリエイトは広告を利用して収入を得るアフィリエイト形態ですが、その性質上、どうしてもアドセンスの規約には従わなくてはいけません。
ただ、トレンドを取り扱う以上、どうしても芸能人についてのネタを取り扱うことも多く、著作権や肖像権を侵害してしまった事で規約違反になってしまったという例もいくつもあります。
もし規約を違反してしまった場合、未払いの報酬が全て取り上げられてしまったり、検索サイトから有害なサイトと認定されてしまう可能性もありますので、規約は絶対に守るようにしましょう。

まとめ

トレンドアフィリエイトは話題性も保証されていて、初心者にも始めやすい副業です。芸能関係の記事を書いていればそれで十分というケースも多くそこまで詳しく調べないでも記事を書けるという点がメリットです。
特に流行を追いかけるのが好きという方にはうってつけの副業と言えるでしょう。
ただ扱う話題について考えないとライバルが多すぎてアクセスが全然集まらないという可能性もあります。気をつけるべきことさえしっかりと押さえれば、すぐにアクセス数を伸ばすこともできるはずです。だからこそトレンドアフィリエイトにを始めるときには記事の書き方ネタの選び方を吟味しないといけないのです。

ただ、ここで紹介したのはあくまで基本的な事です。
まずは実践してみて、自分なりのコツを掴む事が大事です。
自分のブログにとっての強み、特徴を理解することができれば、もっと良い記事がかけるようになってアクセス数もどんどん伸びていきます。
もしトレンドアフィリエイトに興味が湧いたなら、ぜひこの機会に自分だけのトレンドブログを作ってみてください。

関連記事

アフィリエイトのネタ収集やトレンド探しに効率的なサイト9選
Googleトレンド 特定のワードのトレンドが分かる サイトの検索窓にワードを入力すると、そのワードの検索数の時間変化や地域ごとの検索量を見ることができます。 これらの数値は最も高いときを100としたときの割合で表示されます。...

 

タイトルとURLをコピーしました