【アフィリエイトブログ特化】収益と成約率をUPさせる記事の書き方

記事の書き方のポイント アフィリエイト基本情報

アフィリエイトでは、自分のサイトを作ってそこに記事を書き、広告を載せるということが必要です。
広告の選び方というのも大切ではありますが、どういう広告を選んだとしても、記事をしっかりと書いていかないと報酬には結び付きません。
アフィリエイトで結果を出すための記事の書き方というのをマスターしてほしいので、そのポイントを細かく理解していきましょう。

SEOを意識した記事を書いていくべき

SEOを意識した記事を書いていくべき
アフィリエイトサイトにおいては、SEOが非常に重要です。
アフィリエイトの場合、検索エンジン経由のユーザーが特に中心の層となるため、彼らを意識しないといけません。
なぜなら人は悩み事を調べるときには検索エンジンを使うケースが多いからで、そこに焦点を合わせていくべきです。
そして、検索エンジン経由から多くのユーザーを自分のサイトに集めるためには、それぞれの記事ごとのSEO対策をしっかりとやらないといけないのです。
SEO対策というのは、検索エンジンにおいて自分の書いた記事がより上位に表示されるための仕掛けのようなものです。
具体的には多くが検索しそうなキーワードを網羅することが理想と言えます。
専門的なものも含みながら、記事それ自体に権威が出るようなことを考えていきましょう。
例えば、ヤフーなどのサイトはニュース記事のほぼ全てが検索エンジン上位に出やすいですが、これはヤフーそれ自体に権威性があるからです。
そして、ユーザー体験が可能な記事に、有益な事実を知ることができたと実感できるような記事にしていくことも同時に意識すると良いです。

関連記事

keysearch beta使い方などアフィリエイトを運営する上で欠かせないマーケティングツール10選
アフィリエイトサイトの運営をする上でサイト分析は必須になってきます。グーグルアクセス解析は必須ですがそれ以外にも数多く便利なものがあります。 これらの分析ツールは、様々ですがWEBマーケティング会社では5万円ぐらいなどで普通に販売していま...

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にする
アフィリエイトサイトの記事の書き方では、この記事は誰に向けて書いているのか?を明確にする必要があります。
具体的に言えば、どんな悩みを持った人に対して発信しているのか?それが読者に分かるように、記事の冒頭にでも書いておくと良いです。
例えば、「この記事はニキビに悩んでいる人に向けて、その悩みを解消するためのおすすめの商品を紹介しています」といったことを伝えておくと、その悩みを抱えている人は安心して読むことができます。
この記事を読むことで、自分の悩みが解決するかもしれないと思わせることが重要です。
記事を読むことでこんなメリットがあるということをきちんと冒頭で説明しておきましょう。

読者に寄り添った記事を書いていくべき

読者に寄り添った記事を書いていくべき
記事を読んでいる人の気持ちをいかに想像できるか?ということが重要です。
それが読者に寄り添った記事という意味になるのですが、読者目線から言って、できるだけ疑問を残さないようなことが重要になります。
それはつまり、自分の書き上げた記事を改めて読んでみて、自分がこの記事を初めて読んだとしたらどう思うのか?どこかに分からない部分、疑問点などはわいてこないか?というのをチェックしないといけません。
疑問点が少しでもあると、その記事に対する信頼度が落ちてしまうので、紹介されている広告に対しても不信感を持つ可能性があります。
あらかじめ設定したターゲットが持っているであろう悩みを解決できている記事か?という部分も必要です。
しかし、さらにユーザーがこれはためになったと最終的に想えるような記事、有益な情報が載っていて疑問点を残さないような記事を書いていくことも必要です。
疑問点を残さないためには説明が詳しいということが重要で、それはつまり根拠がしっかりとしていることです。
結論だけではなく、なぜそう言えるのか?という根拠を添えて記事を書いていくということを目指していきましょう。

タイトルはどうやって決めるべきか?

タイトルはどうやって決めるべきか?
記事のタイトルというのは中身と同じくらいに重要で、しっかりと考えないといけません。
記事のタイトルは長すぎてもダメなので、30文字前後くらいにしましょう。
検索エンジンに表示されるタイトルの文字数は限度がありますから。
そして、タイトルに何を入れるか?というと、1つはSEO対策でも出てきたユーザーが検索しそうなキーワードです。
特定の悩みを持っている人はこういうキーワードを使って検索をするだろうという想像をして、そのキーワードを実際に記事の中に入れていきますが、タイトルにも入れましょう。
そういうことをやると、自分がターゲットにした悩みを持っている人が、検索をしたときに自分のサイトや記事が検索エンジン上位でヒットする可能性が高まります。
さらに上位に表示されたときにクリックされるということも重要ですから、クリックしたくなるようなタイトルを考えるべきです。
ユーザーの心理を考慮して、記事中身が見たくなるようなタイトルがベストですが、例えば常識とは真逆と言えるワードを入れることは有効だったりします。
例えば、「病気は治してはいけない」というワードが入っていれば、多くが「え?」と思うはずであり、「それは一体どういうことなの?」と中身を知りたくなります。
記事の内容と関連性を持たせながら、一般的な感覚からすると、「え?」と思ってしまうようなワードを入れたタイトルはおすすめです。
とにかく注目させることが重要なので、タイトルを考えるときにはそういう部分も同時に頭に入れておいてほしいです。

アフィリエイトサイトの記事の構成

アフィリエイトサイトの記事の構成
記事を書くときには構成を考えないといけませんが、基本的には問題提起、結果の明示、結果の根拠という流れを意識していくと良いです。

==============
リード文

☆問題提起
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文

☆結果の明示
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文

☆結果の根拠
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文





☆まとめ
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文
本文本文本文本文本文本文本文
==============

問題提起

問題提起というのは、設定したターゲットが抱えている悩みに共感してあげたり、その悩みを放置するとこんな問題があるとか、その問題を解決するにはこういう課題があるなどです。

結果の明示

そして、結果の明示では方法論を示して、こういったものを試すとユーザーが望んだ結果になるということをちゃんと書いていきます。

結果の根拠

また、なぜそういう結果になると言えるのか?の根拠を後から書いていくと、読んでいて納得しやすい構成になっているでしょう。
さらにはリード文と見出しを使って、どこに何が書いてあるのか?分かりやすくすることも重要です。そして大見出しと小見出しに分けて書いていきましょう。

文章は骨組みを決めてから肉付けをしていくと良い

文章の肉付け
アフィリエイトサイトの記事の書き方では、文章の骨組みをだいたいイメージしながら書いていきます。
そして、最後まで書き終わったら全体を読み直して、ここはもっと詳しく書こうとか、そういう肉付けをしていくと良いです。
自分の感想を入れていくとか、口コミや体験談などを入れて情報をより詳しく多面的にしていくとか、そういうことを考えていきましょう。

まとめ

アフィリエイトサイトは記事がしっかりとしていないと、そこに載せている広告の信用度が落ちる可能性があります。
つまり、報酬になりづらい状況が存在しているので、記事そのものをしっかりと丁寧に仕上げていく必要があるのです。
上記のポイントをしっかりと踏まえながら、丁寧に時間をかけて記事1つ1つを書いていく気持ちでいくと、報酬につながりやすい、読者にとって信頼を得られる記事になっていきます。

タイトルとURLをコピーしました